ZUNNY

ZUNNY(ズーニー)は、ニュースや情報をインフォグラフィックでみなさんにお届けするサイトです。公式SNSをフォローして、最新の情報をチェックしてみませんか?

本格焼酎、泡盛、粕取り…説明できる?

実は日本酒と近い?「焼酎のつくり方」を図解

2016.05.10 TUE

「芋、お湯割りで」「泡盛ロックで」。居酒屋でいつものように楽しんでいる焼酎。だが、その製法や分類となると、意外とよく知られていないもの。そこで、今回は焼酎について図解。次の飲み会で語れるよう、要チェックだ。

焼酎といえば「芋」「麦」などの原材料を蒸留させたもの…というイメージが強いが、製法から見ると、米を発酵させた「酒母(しゅぼ)」をつくるまでは日本酒と近いものがある。

図では省略したが、原材料も様々な工程を経て使用される。芋焼酎の場合は、「黄金千貫」などのサツマイモが工場で磨かれ、蒸され、粉砕されていく。途中で取り除かれたヘタは九州地方の場合、黒豚のエサになることが多いのだとか。

製法を理解してから飲むと、焼酎がよりうまくなる!?
(文=梵 将大 デザイン=ZUNNYデザイン室)

参考文献:
『焼酎の基本』(エイ出版社)
『日本酒の教科書』(木村克己/新星出版社)

この図を

ZUNNY公式SNS

ZUNNYから最新の情報をお届け!

この図を