ZUNNY

ZUNNY(ズーニー)は、ニュースや情報をインフォグラフィックでみなさんにお届けするサイトです。公式SNSをフォローして、最新の情報をチェックしてみませんか?

10作品で2万6200倍以上に爆増!

初代はなんと64KB!ドラクエデータ容量の変遷

2016.02.05 FRI

シリーズ最新作『ドラゴンクエストXI』の発売を心待ちにしている人も多いだろう。複数ハードで展開する『XI』は、最新の3DCGと懐かしいドット絵を交えた2バージョンがあるのだとか! 思えば描画や容量は違えど、いつの時代もドラクエはファンを虜にしてきた。そこで歴代作の「データ容量」という観点から、歴史を振り返ってみよう!

初代はわずか64KB! この記事画像1枚ですら53KBあるのだから、その超省エネ仕様には驚かされる。メモリセットの大容量化に伴い、タイトルを重ねるごとにデータ容量が倍増していくのも印象的だが、光ディスク時代を迎え、やがて上限は頭打ちになっていく。現在主流のゲームハードではコンテンツ一式を内蔵HDDにインストールし、またリリース後に追加コンテンツの配信も当たり前になったことから、ゲームのデータ容量を意識することはなくなりつつある。

初代『ドラクエ』では作中で使われるカタカナを20文字にしたり、『III』ではオープニングを削ったりするなど、ファミコン時代の涙ぐましいデータ量削減エピソードは枚挙にいとまがない。やりたい表現と容量限界の板挟みになりながら、創意の限界に挑戦していた当時の開発者の熱意には、頭が下がるばかりだ。
(文=吉州正行 デザイン=ZUNNYデザイン室)

データ出典:メディア芸術データベース

この図を

ZUNNY公式SNS

ZUNNYから最新の情報をお届け!

この図を