ZUNNY

ZUNNY(ズーニー)は、ニュースや情報をインフォグラフィックでみなさんにお届けするサイトです。公式SNSをフォローして、最新の情報をチェックしてみませんか?

同じ「微糖」でもカロリーに2倍の差!?

主要6ブランド 缶コーヒーカロリー番付

2016.11.12 SAT

「疲れたときにホッと一息」。そんなシーンの代名詞といえば缶コーヒーだ。これからの季節、熱い缶コーヒーは外回りの強い味方でもあるが、カロリーや糖質量はどうしても気になってしまうもの。そこで、缶コーヒーはそれぞれ一体どれくらいの数値なのか、調査した。

糖質量を気にする人は「微糖」の缶コーヒーを選んでいるかもしれないが、UCC『ブレンドコーヒー 微糖』の炭水化物量(≒糖質。注釈参照)4.8gに対し、ダイドーブレンド『デミタス微糖』の炭水化物量は8.3gと、同じ「微糖」でも数値にはかなりの開きがある。カロリーもほぼ2倍だ。

そして、「微糖」以外の商品は、総じて炭水化物量とカロリーが高めだ。ジョージア『マックスコーヒー』の炭水化物量はなんと24.5g。一方、カロリーを調べたところ、カフェオレ系が総じて高い。UCC『ブレンドコーヒー カフェ・オ・レ』31kcalを除いて80kcal前後と、バナナ1本分と同じカロリーだった。

糖質は摂りすぎると肥満や生活習慣病を招くおそれがあるが、不足しても体力が低下したり、疲れやすくなったりする。カロリーもそれ自体は悪いものではない。根を詰める際に缶コーヒーを飲む…という人は、飲みすぎないようにカロリーや炭水化物量をチェックしてみては?

(文=朽木誠一郎/ノオト デザイン=EditReal)

※炭水化物量:糖質と食物繊維の合計。缶コーヒーに食物繊維はほとんど含まれないため、「炭水化物量≒糖質」として記載

この図を

ZUNNY公式SNS

ZUNNYから最新の情報をお届け!

この図を