ZUNNY

ZUNNY(ズーニー)は、ニュースや情報をインフォグラフィックでみなさんにお届けするサイトです。公式SNSをフォローして、最新の情報をチェックしてみませんか?

見た目では分かりにくいこともあるから…

知っておこう!障害、妊婦など「公共マーク」認知度

2016.07.27 WED

障害や疾患に関する「マーク」を街で見かけることは多い。だが、それぞれの意味を知っているものもあれば、正しい意味を知らなかったり誤解して覚えていたりするケースも。そこで、覚えておきたいマークとその認知率を調べてみた。

過半数が「意味を知っている」と答えたのは、12のマークのうち、わずか3つ。なかでも、聴覚障害や内部障害、内臓疾患などの「見えない障害」を抱えた人たちに関するマークの認知率が低い傾向にあった。

これらのマークは、外見からは分からなくても、援助や配慮が必要な場合があることを周囲に知らせるためのもの。マークに対する正しい知識を持って、困っているときは手助けする、そっと見守るなどの柔軟な対応を心がけたい。
(文=トスカーナ沼袋 デザイン=ZUNNYデザイン室)

※アンケート調査:ZUNNY調べ/協力:ファストアスク(20~40代男女200人対象)

参考:
高齢運転者標識(警察庁)
障害者に関するマークについて(内閣府)
ヘルプマーク(東京都福祉保健局)
マタニティマーク(厚生労働省)
ベビーカー利用に関する協議会(国土交通省)

知っておこう!障害、妊婦など「公共マーク」認知度
この図を

ZUNNY公式SNS

ZUNNYから最新の情報をお届け!

この図を