ZUNNY

ZUNNY(ズーニー)は、ニュースや情報をインフォグラフィックでみなさんにお届けするサイトです。公式SNSをフォローして、最新の情報をチェックしてみませんか?

氷菓とアイスでは売れる気温が異なる!

必見!「気温」と「売れる商品」の相関 早見表

2016.07.20 WED

気温が、ある温度を超えたり下回ったりすると、特定の商品が売れ始めることはよく知られた話。暑くなるとコンビニに並ぶ「冷やし麺」。逆に、「鍋物」が並び始めるのは少し寒くなった頃だ。

いったい、何℃でどんな商品が売れ始めるのだろうか。気温と売れる商品の相関をまとめてみた。

気温を含めた気候・気象を活用した販売戦略は、「ウェザーマーチャンダイジング」と呼ばれる。一般的に、気温が高くなると売れる商品は「昇温商品」、低くなると売れる商品は「降温商品」とされている。

面白いのは、似たような商品でも、気温によって微妙に売れ方が異なること。例えばアイスクリームと氷菓。26℃くらいの暑さならコクのある「アイスクリーム」が売れるのだが、真夏日に近い29℃になると、味わいがさっぱりとした「氷菓」が売れる。

また、26℃ではスプレーなどの「殺虫剤」が売れるが、28℃になると「蚊取り線香」が売れる。28℃を超えると夏本番の暑さ。僕ら消費者の間で「蚊取り線香=夏」という印象が強いのかもしれない。
(文=コージー林田 デザイン=EditReal イラスト=Silas Vidar)

参考: 『顧客志向の新市場を創造する気象コラボレーション技法導入・実践マニュアル』

この図を

ZUNNY公式SNS

ZUNNYから最新の情報をお届け!

この図を