ZUNNY

ZUNNY(ズーニー)は、ニュースや情報をインフォグラフィックでみなさんにお届けするサイトです。公式SNSをフォローして、最新の情報をチェックしてみませんか?

沖縄県の気温は35度を超えない?

日本で最も暑い都市は? 猛暑日数マッピング

2016.07.08 FRI

新しい夏の風物詩として、「日本一暑い町」の座を争う「館林」「多治見」「熊谷」などの地方自治体。だが、日本全国を見渡せば、沖縄などもっと暑いイメージの地域もあるのだが…。実際のところ、どれだけ暑いのだろうか。2015年の各自治体の「猛暑日(最高気温35℃以上の日)」をすべてカウント。上位30位までの都市をマッピングしてみた。

2015年、猛暑日が最も多かったのは、群馬県館林市。その数29日と、他の追随を許さない。2位は岐阜県多治見市の25日で、中部・関西地方ではズバ抜けた記録となっている。舘林・多治見のライバルといわれる埼玉県熊谷市は20日にとどまった。

なお、沖縄県は意外にも猛暑日がゼロ。しかし、最高気温が30℃以上の「真夏日数(※)」は2位以下にダブルスコアをつける109日と、“常夏”のイメージそのままの結果になった。

(文=朽木誠一郎/ノオト デザイン=EditReal)

※各都道府県における観測地点の真夏日数の平均を算出

データ出典:
オープンデータビジネス研究会運営「気温と雨量の統計」

日本で最も暑い都市は? 猛暑日数マッピング
この図を

ZUNNY公式SNS

ZUNNYから最新の情報をお届け!

この図を