ZUNNY

ZUNNY(ズーニー)は、ニュースや情報をインフォグラフィックでみなさんにお届けするサイトです。公式SNSをフォローして、最新の情報をチェックしてみませんか?

給与+褒賞金+懸賞金+α

白鵬の年収は? 謎多い「大相撲力士の給与体系」

2016.05.03 TUE

『週刊漫画ゴラク』で連載中の『ごっつぁんです』が、“相撲版グラゼニ”と呼ばれ人気を集めている。プロ野球選手やサッカー選手と違って、力士の年収が公表されることはほとんどないが、一体どんなシステムでどれくらい稼いでいるのか? ベールに包まれた相撲界の給与体系を解剖してみた。

力士の“定期収入”は、毎月の給与と年に6度の褒賞金の2本柱。褒賞金は番付が下がっても持ち金額は変わらず維持されるので、番付によって上下する給与よりも安定収入といえそう。ただし、いずれも関取(十両以上)にならないと支給されない。

人気力士ほど旨みが大きいのが懸賞金。一番で最大150万円稼ぐことも可能で、横綱白鵬の一昨年の懸賞金は総額1億円を超えている(過去最高は平成27年1月場所千秋楽の白鵬―日馬富士戦の61本。1本につき手取りで3万円なので、一番で183万円を手にした)。さらに、上位力士や人気力士になればCM契約料やひいき筋からの祝儀なども加わる。まさに“土俵に銭が落ちている”のである。
(文=菅原悦子 デザイン=ZUNNYデザイン室)

取材協力:荒井太郎(相撲ジャーナリスト)
写真:日刊スポーツ/アフロ

この図を

ZUNNY公式SNS

ZUNNYから最新の情報をお届け!

この図を