ZUNNY

ZUNNY(ズーニー)は、ニュースや情報をインフォグラフィックでみなさんにお届けするサイトです。公式SNSをフォローして、最新の情報をチェックしてみませんか?

移民問題や金銭的負担が影響?

「離脱派」の主張は? EU成立とイギリスの歴史

2016.06.23 THU

6月23日、「EUから離脱するか否か」を問う国民投票がイギリスで行われる。6月16日には「残留派」の国会議員が射殺されるという事件も起き、世界中に衝撃が走った。イギリスを二分するこの論争は、いったいなぜ起こっているのか? 欧州の歴史とともにまとめた。(※6月22日時点の情報をもとに執筆)

EUの原型となったのは、フランスなど“大陸側”の国が主体となって成立したECSC(欧州石炭鉄鋼共同体)。イギリスは1973年にECへ加盟するも、あくまで一歩引いた立場から参加していたが、金銭的な負担増や移民問題が影響し、保守系政党を中心に「脱EU」を主張する声が高まっている…というのが大まかな流れ。

実際に離脱となれば、欧州経済に大きな打撃を与えるともいわれている。国民投票の結果、果たしてどうなるか…?
(文=梵 将大 デザイン=ZUNNYデザイン室)

この図を

ZUNNY公式SNS

ZUNNYから最新の情報をお届け!

この図を