ZUNNY

ZUNNY(ズーニー)は、ニュースや情報をインフォグラフィックでみなさんにお届けするサイトです。公式SNSをフォローして、最新の情報をチェックしてみませんか?

「イタリアは守備的」なイメージがあるが…

得点数を分析!エキサイティングなサッカーリーグは

2016.05.15 SUN

近年、海外で活躍する日本人選手が増え、日本での注目度も高まっている世界各国のサッカーリーグ。なかでも欧州リーグの注目度は高く、「スペイン(リーガ)は華麗な攻撃が見どころ」「イタリア(セリエA)は守備的」など、それぞれのイメージが語られているが、果たしてその実態は? 各リーグの得点王や、1試合における平均得点、上位チームの得点の割合から、各リーグの特徴に迫ってみた。

まずは各リーグの得点王について。1位はリーガ・エスパニョーラのクリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル代表、レアル・マドリー所属)で、20点台前半での得点王が多い中、ダントツの48ゴールを挙げている。続いてリーグアンのアレクサンドル・ラカゼット(フランス代表、リヨン所属)、プレミアリーグのセルヒオ・アグエロ(アルゼンチン代表、マンチェスター・シティ所属)がベスト3。存在感の大きいストライカーは、やはり欧州の強豪チームに集まっているようだ。

各リーグの1試合における平均得点には、大きな差はないことがわかる。前述のようなイメージがあるリーガとセリエAでさえ、平均得点は横並び。意外な結果となった。

写真:ロイター/アフロ
写真:YUTAKA/アフロスポーツ

この図を

ZUNNY公式SNS

ZUNNYから最新の情報をお届け!

この図を