ZUNNY

ZUNNY(ズーニー)は、ニュースや情報をインフォグラフィックでみなさんにお届けするサイトです。公式SNSをフォローして、最新の情報をチェックしてみませんか?

やっぱり“エース”? それともショート?

「最も稼いでいる」のは!? プロ野球ポジション別年俸

2015.12.26 SAT

福岡ソフトバンクホークスが2年連続7度目の日本一に輝いた2015年度のプロ野球。シーズン終了後には、各選手の成績が来年度の年俸に反映され、「4000万円アップの1億円で契約更改!」といった景気のよいニュースが多数報道される。数百万円から数億円まで、耳に入る年俸はさまざまだが、どのポジションの選手が「最も稼いでいる」のだろうか? ポジション別に年俸の平均値を調べてみた。

一塁手の年俸はほかのポジションより頭一つ抜けており、選手全体の平均値から5000万円ほど上回っている。

年俸1億円超えの選手が最も多いポジションは投手だが、1000万円未満も一番多く、中央値は1500万円。一方、一塁手の中央値は3160万円で、ミドル、ボトム層の年俸が平均値を押し上げている。

球界トップは、阿部慎之助選手(読売ジャイアンツ)の5億1000万円。先日の報道によれば、故障などにより成績がふるわず、今オフの更改では3億2600万円までダウンしたが、それでもトップ層をキープしている。

一塁手にはベテランの強打者が目立つ。チームへの貢献度が高い選手が多く、それが年俸にも反映されているのだろう。
(文=杉山大祐/ノオト デザイン=EditReal)

※データは2015年2月1日時点
※内野手のポジションは日本野球機構Webサイトの個人守備成績を参考(http://www.npb.or.jp/)に、各選手を出場試合数の一番多いポジションで集計
※出典:『COSMIC MOOK プロ野球全12球団選手名鑑2015』(コスミック出版)

この図を

ZUNNY公式SNS

ZUNNYから最新の情報をお届け!

この図を